シャロースプール

August 11, 2017

ABU ambassadeur New RECORD No. 41 & 51 & 61


Abu ambassadeur New RECORD RCN 41&51&61★彡




ABU ambassadeur New RECORD No. 41 & 51 & 61


・・・もはや旬もとっくに過ぎて 話題にも上らなくなった 懐かし系のアンバサダー

月日が流れるのは 早いですね  感覚的には まだ最新モデルのような気もするんですが


「名機レコードの再来」 だけど レコード・アンバサダーを知らなぃ世代が メインユーザーの時代


世代交代の中で アンバサダーも自身の未来を模索する・・・ そんな中で 誕生した一台



ABU ambassadeur RECORD schematic RCN★彡



デビューは 2005年  90年代の ” ナロー・パーミング ” のブームが終焉の兆しを迎える中で
次世代のアンバサダーとして市場に送り込まれた Abuの意欲作


目新しぃコンテンツが満載でした・・・  (当時のピュアフィッシング Webより抜粋)

「従来の番手表示ではなく、あえて二桁にして新しいレコードアンバサダーの世界築いた最新モデル。
40番は4000番サイズに該当し、淡水・海水のルアーフィッシングはもちろん、船の小物釣りに対応します。50番は5000番相当の大きさで、オリジナルサイズのトップウォータープラグをキャストするのに最適なサイズ。60番は6000番サイズなのでライギョ釣りやヒラメ、タイ、マゴチ、カレイなどの船つりに。」

「いずれのモデルも、リトリーブ時メカニカルブレーキが切れ、リトリーブ時の巻上げが軽いワンウェイ・メカニカルブレーキシステムを搭載。ブレーキロックの数も増え、よりシビアな釣りに対応します。」



●ワンウェイ・メカニカルブレーキ   ●6点式遠心力ブレーキ
●防錆インスタントアンチリバースベアリング(ソルト対応)   
●インスタント・アンチリバース
●エルゴグリップ付きアルミサムレスト   ●ニッケルテフロンコーティングウォームシャフト
●クラウンカットブラスギア   ●カーボンマトリックスドラグワッシャー



ABU ambassadeur NEW RECORD RCN 41&51★彡


●メカニカルブレーキを最大に締めても、それがリトリーブ時には切れるので、常にハンドルの軽い巻上げが可能(ワンウェイ・メカニカルブレーキ)

●ウォームシャフトをニッケルテフロンコーティングすることで耐久性が大幅に向上

●従来よりもブレーキブロックの数が6個に増え、ブレーキの調整域が広がりました。またブレーキブロックパーツも脱落しにくい構造になりました。

●耐久性、耐熱性、耐摩耗性、スムーズな滑り出しを高次元で実現したカーボンマトリックスワッシャーを採用。メインギアは錆にも強いブラス製。



ABU ambassadeur NEW RECORD RCN 諸元表★彡


・・・今さらですが 「HC」 なんてグレードもあったんですね  知らなかった
調べてみたら ” ハイ・キャパシティ ”  ラインがいっぱぃ巻ける (細軸スプール) 仕様だとか



外観で目立つのは シャロースプール & 新デザインのカップ

同年にC3やC4も カップが変わってモデルチェンジしましたね  2005年は ” 節目の年 ”

6Pスタイルの遠心ブレーキがデビューした年・・・ ambassadeurの 新たな歴史の始まり


Abu ambassadeur C3 & C4 2005y~★彡

残念ながら このデザインすら もはや旧型になってぃますが・・・ 月日はどんどん流れる



賛否ゎあれど わたしはこのルックス 好きですけどね


ABU ambassadeur RECORD RCN 2005y MODEL★彡




アブのお姉さんは左Abu派★彡



さて ここで 「右派の人が知らない 左派の苦悩」 ってことで レコードにちなんだ逸話を(?)


” メッキのフレーム ” につぃて

右ハンドルはね 古ぃ5000Cから始まって 1970年代になると 4000~6000の各サイズの
「メッキのフレーム」 が出揃うんですょ

以降の80~90年代も 復刻版やらロケットシリーズ等々で メッキのフレームは尽きることなく

なので メッキの右用フレームの入手は 比較的容易なんですょ  中古の流通個体も多ぃし


アルミのフレームをメッキに変えて 自分流のカスタムを楽しむ・・・ そゅ遊び方も 「右では常識」


赤ぃカップにメッキフレームを組み合わせた ” 赤ストライパー ” もはや定番のドレスアップ



ABU 赤いストライパー5000 by kyasaren★彡ABU Kyasa's STRIPER RED★彡



・・・ところがね 左ハンドルの場合ゎ 事情がぜんぜん違ぅんですょ

メッキフレームの登場は 1972年の 「5001C」 で それが81年までは供給されてた

ところがね 5001Cの製造終了後 86年に再販された5001C & 翌87年の6001Cとも
アルミのフレームになっちゃって  つまり1982年から 「メッキのフレームが不在」 の状態


ABU ambassadeur 5001C メッキのフレーム★彡


しかも 90年代の 「レフト黄金期」 を迎ぇても メッキのフレームは 国内では登場しなかったんですょ


銀色のアルマイトのフレームは ベーシックモデルのC3に使われていましたけどね

「鍋カップの5001C」 ともども たいして輝きも無く ときめきも無く・・・  なんか少し くすんでる



んで 2005年になって 新型レコードの登場で ようやくメッキのフレームが再販されるんですょ
サイズも4000~6000ともに出揃って レフト愛好家の前で キラキラ輝いて


ってことで ぶっちゃけ 4000 & 6000 の左用メッキフレームは 2005年が最初


これって 右ハンドルの 30年遅れ みたぃな・・・  冗談ぢゃなぃっていうか


アブ あんバサダー New RECORD RCN41★彡



だからね メッキのフレームに変えて自分流のカスタムを楽しむのも 左派はすごく大変なんですょ



・・・おかげさまで 2010年を過ぎた頃 「CS ロケットの乱売」 っていう事象が始まって
左用のメッキのフレームも 以前よりゎ入手しやすくなったんですけどね


ただ ナローの4000サイズに関しては 相変わらづ事情が厳しく

海外では メッキフレームの 「4501CS」 がデビューしましたが 日本では結局 未発売のまま

Abu ambassadeur 4501CS ROCKET LEFT★彡

個人あるいは一部のショップを介して ごく少数が輸入された程度で 4501CSの入手は難しく・・・



つまり レコード No.41って 国内では ” 唯一のナローレフト・メッキフレーム ” なんですょ


ABU ambassadeur RECORD RCN41★彡



中古の41を買ってフレームを部品取りするか あるいは新品のフレームを注文するか・・・

結局 かかる費用は2台分みたぃな 割高でアホくさぃ苦労をしないと こゅカスタムは作れなぃ



 4501CS Kyasa's Rocket

Abu ambassadeur 4501CS ROCKET

右派の人は 左ゆぇの苦労も 完成した一台の尊さも 実は知らなぃ・・・

Kyasa 4501CS★彡



・・・時が経てば またいつか メッキフレームのナロー・レフトが 発売されると思うんですけどね

ピュアぉ得意の 「限定商法」  わたしはもぅ ニューモデルに手を出すつもりはありませんが・・・


アブのお姉さん by きゃされん★彡



ABU ambassadeur RECORD RCN41★彡



・・・レフト偏愛主義者にとっては 「RECORD」 という名のリールは これが初めてなんですけどね



でも 右派の人は 1980年代に 「RECORDの再来」 ってぃうのを 経験しています

遠目に見たら ロイヤル・エクスプレスもどきの 黒いナローパーミング & べろんちょスタイル


ABU ambassadeur RECORD 4600C★彡


驚くべきは カップに刻印   2005年のデザインを はるかに先行してるぢゃん!?

これを見ると 右派の人は 「レコードの再・再来」 っていうのを 納得できそうな気がしますね



まだまだわたしは 右ハンドルのABUのことは勉強不足で 調べきれていなぃんですが・・・

アンバサダーは80年代を迎えると 内部メカニズム(メカプレート)が変更されるんですょ

それまでは2つのカムでクラッチを復帰させるのを 1つのカムで行うスタイルに変わって

ただ その変更が 何年に どのモデルで最初に行われたのかが わかんなぃ



ふと 思ったんですけどね・・・ この黒いレコードが メカプレ変更の始まり? みたぃな

しかも 「ナロー・べろんちょ・パーミング」 っていうのは その後(90年代)の丸ぃアンバサダーにおける
バス釣り用としてのスタンダードな形になったんですょ


つまり 新しいメカニズムと 「パーミング46時代の到来」 を ABUが高らかに宣誓するために
あえて ” RECORD ” って 特別な名前を持ち出したんぢゃなぃかと思うんですけどね



革新&新時代という意味の代名詞・・・ それが RECORD ambassadeur



ABU ambassadeur RECORD ★彡



もし単純に リバイバル的なイロモノレコードだったら 5000サイズを出すのが当然だと思ぅ

でも 46ナローしか発売されなかったみたぃですし(たぶん)  サイズへのこだわりがある



一方で 「国内限定モデル」 みたぃな話もあって  よくわかんなぃけど

80年代になって 日本市場では往年のアンバサダーファンからの不評をくらっちゃって
販促のテコ入れってことで パーミングモデルにレコードという名を与え 権威づけをした・・・


そんな見方もありますが やっぱりRECORDを名乗るからには 特別な意味が あったんだと思ぅ


ただの販促イロモノりーるに対して わざわざRECORDなんて崇高な名前は 与えたりしませんょ



ABU ambassadeur RECORD RCN 51★彡




んで 2005年に 再び ” RECORD ” の再来・・・ なんでまた 改めて???


レコードとぃう名の最大の由縁は 新型の 「ワンウェイ・メカニカルブレーキ」 やと思ぃますょ


Abu ambassadeur New RECORD スプール断面図★彡


パッと見は 従来のウルトラキャストのスタイルですが スプールの内部には 固定(圧入)された
” 一方向にしか回転しないローラーベアリング ” っていうのが 入っているんですょ


その働きによって 「投げる時にはスプールシャフトも一緒に回転する」 っていう メカニズム

シャフトの回転を支えるために カップ内(シャフトの両端)にも ベアリングが使用されています
普通のウルトラキャストは 単にシャフトを支えるためのブッシュ状になっていますょね

※ 詳しく知りたぃ人は 「レフトのぉ師匠」 がむちゃんさんのほむぺぢ どぞ ご覧くださぃませ



Abu ambassadeur New RECORDのスプール★彡



ってことで 仕組みを理解してもらぇたら・・・ 旧式のスプールと同ぢぢゃん

「ウルトラキャストぢゃなぃ」
 オールド・アンバサダーのスタイル  先祖返りしちゃった



なるほろ ” 原点への回帰 ” ってことで RECORDの 名前とロゴ

かと言って 単なる旧式への逆戻りでゎ ありません・・・ ” メカニズムの革新・新時代 ”


ぶっちゃけ ワンウェイローラーの向きを変えれば 普通のウルトラキャストになるんですけどね
41用のスプールを そのまま反転させて40に入れたら キャスト時にはスプール単体で回転する


スプールぶっ叩いてワンウェイローラー抜ぃたら 「回転しまくりウルトラキャスト」 できるかも!?
興味がある人ゎ 挑戦してみてくださぃ  ・・・わたしはしなぃけど



kyasa's Abu ambassadeur New RECORD RCN51★彡 のコピー



「スプールシャフトも回転する」 ・・・90年代の ” UC ” ってモデルを思い出す人も いるかもですね


UCって スプールシャフトを支える軸受けの位置が RECORDとは異なるんですょ
スプールのすぐ両脇にベアリングが配置された 「アンチディストーション」 ってぃうスタイル


たぶん あのスタイルが正解で 現代のベイトリールの中では主流派だと思ぅんですけどね



Abu ambassadeur UC6501 Kyasa's special★彡



気付ぃてる人は 気付ぃてると思ぅんですが・・・ 「ウルトラキャスト最大の汚点・弱点」

ぢつゎメカニカルブレーキを締めこんだ時に 片側のベアリングに 「左右ズレ」 みたぃな力が
かかっちゃうんですょ  アウター&インナーレースに それぞれ反対向きの力が加わる

ベアリングにとっては苦手な力で すごくストレスなんですょ  寿命を早める


RECORDのワンウェイ方式は そゅ弱点を解消するためのメカニズムなんですね


ある意味 ウルトラキャストとは ” 別物 ” なので パーツによっては互換性がありません・・・要注意



Abu ambassadeur New RECORD RCN51★彡



ambassadeur RECORD No.51  略して 「RCN51」  フットナンバー 150016(2006年)

ひさしぶりにルアーをキャストしてみたくなって 押入れからひっぱり出して  かっこいぃかも
金属製のサムレストは ガチはめすると外すのが大変・・・ なので 一度外したら もぅ付けない


” 6Pブレーキ ”  いぃですね・・・ シマノのSVSから 何年遅れて登場してんだかって感ぢで

メカニカルブレーキは 初心者さんにとっては 調整する上でピッチを捕らえるのが難しぃ
でも 遠心ブレーキなら 「数」 で調整できるから わかりやすぃ


ルアーの多様性が広がる中で ブレーキの進化というのは 欠かせません
ですが 必ずしも6Pブレーキが旧2Pに勝る訳じゃなく あくまでもユーザーの 「セッティング次第」


調整のために いちいちカップを開けてブレーキにアクセスするのも 面倒くさぃんですけどね
それなら 「キャスコンでいいゃ」 って 横着したら 6Pブレーキの意味なぃぢゃん!?



Abu ambassadeur New RECORD 6Pブレーキ★彡Abu ambassadeur New RECORD ピニオンギヤ★彡


よく見ると 旧タイプの2Pブレーキとは 組み合わせるピニオンギヤの形状が少し違ぃます

それでも 2P用のピニオンのまま 知らん顔して6Pブレーキを組み合わせちゃう人もいるけど


「大丈夫だよ」 って・・・ まぁ 自己責任で  わたしゎピニオンギヤとセットで交換してますけどね




Abu ambassadeur RECORDのサムバーが溶ける( ̄∀ ̄)


長年 押入れに閉じ込められてた 「RCN41」  久々に見たら べろんちょベチョベチョ


サムバーの表面に加工してあるラバーが溶けてる・・・ティッシュで拭うとベタベタくっついて もぅ最悪

あぁ まさにこれって  「EONでの失敗の再来」  経験してる人も 多ぃかも


こゅ失敗 Abuは懲りなぃというか 反省しなぃっていうか ( ̄∀ ̄)  ガッカリしますょね・・・




頭にきたから べろんちょぶった切る


Abu ambassadeur RCN41 4501化★彡

つぃでにカップに加工して ボタンつけたら RECORD 4501

ABU ambassadeur RECORD RCN 41★彡



・・・ってぃうテクニックを 以前Webに公開して もっと流行るかなって思ったけど ぜんぜんですね

べろんちょが折れた時の対処法ってことで ぎりぎり最後の手段かにゃ
クラッチのプッシュボタンは 釣具屋さんで注文すれば 手配できますょ・・・あとは 「削る度胸」



もっと昔は フレームをブチ割ってべろんちょを外しましたが  最近は そゅのはしません・・・


初代 I Love Abu WEB page

なつかしぃ写真ですね・・・ 最初のほむぺぢ I Love Abu

Abuのフレームかち割り★彡



そぃえば 「赤べろ」 にした4601Cガンナーとか どこいった?  押入れの奥で 永眠中ぅ・・・

Abuのお姉さん きゃされん♪


Abu ambassadeur New RECORD RCN51★彡



” シャロースプール ”  これも新型RECORDの目玉アイテムで なんか斬新でしたね


1952年 最初に登場したレコード・アンバサダーは 太軸スプールが標準やったんですょ

以降も太軸やエコノマイザーの装備が当たり前で 70年代に登場したナロー(4000サイズ)まで
太軸スプール&エコノマイザーが存在しました

んで 80年代に入ると 「鍋カップの赤ぃ5000」 とか 「パーミングの5500DA」 あたりを最後に
太軸スプールが消えて ” リールサイズとラインキャパの関係性 ” が 変化したように思います

たしかに 5000の太軸と 4000の細軸って キャパは似たよーなもんですし


久しぶりのシャロースプール★彡


New RECORDは ひさびさの太軸(?)ってことで これも先祖返りというか 「原点への回帰」

中でもRCN51は 「5000サイズのボディの美しさを4000のキャパで楽しめる」 みたぃな


いつも思うんですが ” ウルトラキャスト用のエコノマイザー ” とかって 発売しなぃんですかね

中国あたりで安く作って 国内で1個500円くらぃで売れば みんなが喜ぶと思うねんけど・・・



ちなみに ” Abu純正のシャロースプール ” レコードの他にもあるんですょ


Abu ambassadeur 5600 WS★彡

「ambassadeur 5600WS」  残念ながら 国内での正規販売はされなくて


一時は並行輸入品が ネットなどでぉ安く乱売されてて  一台 買っておけばよかった・・・
スプール単体をパーツで取り寄せできる可能性が 「無きにしもあらづ」  発注してみる???


なーんて 最近のわたしは ぶん投げ釣り & 道糸ナイロン6号  みたぃな状態なので

シャロースプールとは 無縁になりつつ・・・ちから糸すらケチって横着  ナロー4000もご無沙汰
ごみ竿の針金ガイドや白いセラミックガイドに PEの細糸なんて使ったら やばぃでしょ?


・・・ひさしぶりにルアーをキャストすると それが王道っていうか   やっぱり楽しぃ

はんたぁさん とか 手作りルアーで がんばってますからね  わたしも ぢさくの横着ルアーで



Abu ambassadeur New RECORD RCN51★彡


きゃされん♪


Abu ambassadeur New RECORD RCN51★彡



「空色に輝くリール」  近年のアンバサダーの中では ちょっと個性的な色ですよね

カラーネームは ” titanium ”  なんか 強引につけた名前みたぃな  チタンって こゅ色なん?


RECORDと名乗るんやったら 赤色に・・・ ってなると 完全なリバイバルですし  それは違ぅし
黒色は 80年代に一度採用しちゃってるし  ぢゃあ 緑やらオレンジやら いろいろあるけど・・・



「あの色やんけ」  ここでピンッ! とひらめいた人は オールドを知るアンバサダー通

1972年・・・ハイスピード化という新たな時代を迎えた アンバサダー  5500C

あの時の色を 模してるんだと思ぅ・・・ ” 革新&新時代 ” そんなキーワードに ピッタリな色


使っているうちに 青味が褪せちゃって やがて銀色に・・・ そゅところまで ソックリかも



OLD ABU ambassadeur 5500C Hi speed★彡



古ぃテイストと 新しい時代の融和・・・RECORDは まさにフラッグシップの一台やったんですけどね


当初は C3 & C4 とともに恒常モデルとして その後もモデルチェンジを経て 存続しましたが・・・


Abu ambassadeur New RECORD 後期型★彡



あらっ?   すでにピュアのWebから落ちてて シリーズ終了? みたぃな・・・


んで よく見ると その後の ” BEAST ” とかで 「シャフト固定式のスプール」 が復活してる


Abu ambassadeur beast 6500★彡



・・・ってことで もはやその役割を終ぇて 「RECORD」 と名乗る必要も なくなったっていうか


アンバサダーの新時代を牽引した名機が また一台 消ぇちゃった瞬間です・・・



Abuのお姉さん by ambassadeur RECORD RCN ★彡



・・・これが 最後のRECORDになるのか  あるいゎ将来 新たなリールとなって 再び登場するのか

それとも クサイモン氏のうさんくさぃコピーモデル 「銭ゲバ アンバサダー」 として現れるのか・・・



OLD ambassadeur copy???

たとえどんなにピカピカなコピーでも 傷だらけの 「本物」 ほどの価値は無し




レフト偏愛主義者最後のレフト!? Abu RCN41★彡



いづれにせょ レフト愛好家にとっては 最初で最後のRECORD そゅ可能性も・・・

持ってる人は 安易に手放したらもったいなぃですょ  奇数の左は 価値がある



右ハンドルのRECORDは まぁ三代目ってことで・・・ 売り払って BEASTに買い替ぇるとか!?



Abu ambassadeur New RECORD RCN51★彡



なーんて だんだん毒が出てくるので このへんで  右も左も やっぱ名機のRECORDですょ


史的に意義深いリールなんですね  6Pブレーキの始まりとか  ヒストリック・モデル

アニバーサリーとかって露骨に書いてある販促モデルよりも よっぽど尊ぃ存在です・・・



・・・またいつの日か RECORDという名の再来を願って

どんなアンバサダーになって 新たな歴史が刻まれるのか  楽しみですね
KyasarenAbuのお姉さん きゃされん♪



kyasaren_cafe at 01:17|Permalink